リハストリート

理学療法士、作業療法士たちが運営するリハビリに関する総合情報サイト

理学療法士・作業療法士の失敗しない転職のコツを教えます。

f:id:rehast:20181226151222j:plain

 


突然ですが、理学療法士作業療法士のあなた、転職でお悩みではないですか?

今回はそんなあなたのために理学療法士作業療法士の失敗しない

転職のコツをお教えします。

 

 

転職したい理学療法士作業療法士はなぜ多いのか

 

まず、近年転職を考えている理学療法士作業療法士が増えている理由について考えてみましょう。

それぞれの方に様々な理由があるとは思いますが、

主な理由は給料面での不安スキルアップの不安人間関係の悩みですね。

 

近年理学療法士作業療法士の数が需要を超えて増えています。


そのような状況下で、同じ職場で働き続けても

なかなか昇給が見込めないから

違う給料が良い職場で働きたいと思う方や、

そのためにもスキルアップを重ねたいという方、

多いのではないでしょうか。

 

人間関係での悩みも他の業種でもよく見られる転職の理由ですが、

勤務中、常につきまとう悩みなので苦しいですよね。

 

それでは理学療法士作業療法士が転職したい理由について確認できたところで、

具体的に転職についてイメージしてみましょう。

 

 

よくある転職の失敗例

 

当たり前ではありますが、転職というのは今の自分の職場を辞めて

別の職場へ移るということです。

 

つまり後戻りのできない、今後の人生を左右する一大イベントなのです。


そのため失敗は許されません。


本当に転職が必要なのか、本当にその転職先で良いのかを

深く考えられるように理学療法士作業療法士の転職で見られる

失敗例について解説していきます。

 

 

1)後先考えずに転職してしまう

 

自分の友達が転職で成功したという話や、転職を進める本やサイトなどに

魅了され具体的な目標や目的も持たずに転職してしまうのは大変危険です。

 

結局、前の職場と勤務内容や給料が似ていて、

給料アップもスキルアップも見込めないというのは

絶対に避けたいですよね。

 

しかもそのくらいならまだ良いですが、職場環境が悪くなり、

前の職場の方がよかったなどとなっては本末転倒です。

 

 

2)キャリアアップについて上手く考えられていない


先程もお話しした通り、キャリアアップを目的として転職する方は多いです。


しかし、本当に今持っているキャリアとこれから手にしたいキャリア、

そしてそれを手にする必要がある理由までしっかりと考えられているのでしょうか。

 

自分の現在の職場で磨いているスキルが不十分であるのに、

会得したと勘違いして転職してしまうことや、

あるスキルが必要で転職してみたはいいが、

実際はそのスキルは自分のキャリア形成の上で必要ではなかった、

などということが実際にあったりします。

 

例えば、様々な種類の理学療法を行ってみたいと思って、

循環器系の理学療法士をやめて、運動器系の理学療法士の仕事を始めたが

循環器系の理学療法のスキルが十分でなければ、

まだ1つの分野のスキルも習得できていないことになります。

 

仮に両方習得できたとしても、両方を同時に生かす職場を見つけられなければ

2つのスキルがあっても次の転職に生かされることはないでしょう。

 

こうなってしまうと自分の限られた人生で大きく時間を無駄にしてしまいます。
これも絶対に避けたいですね。

 

 

3)思っていた転職先と違っていた

 

というパターンです。
恐らく前述のような失敗をせず、しっかりと自分の将来について考えられている方は明確な目的を持って次の転職先に臨むと思います。
しかし、思っていた勤務内容、労働環境、給料と実際のそれらが異なっていればどうしようもありません。せっかく建てた将来のビジョンも実現が遠のいてしまいます。
例えば指定された勤務時間以外にも追加で働かされることや、それにもかかわらず残業代は出ないこと、その職場の多くの人間と性格が合わないことなどがあってはかなりつらいと思います。
こうならないためにも、転職先について入念に調べておきましょう。

ここまで3つの転職の失敗パターンを上げてきました。
お気付きの方もいらっしゃるかもしれませんが、これら全て原因は詰めの甘さです。
先程も述べましたが、転職というのは人生を左右する一大イベントです。
これでもかと思えるほど、入念な下調べや綿密な人生計画を立てて臨みましょう。

 


転職を成功させるには

それでは、転職を成功させるにはどうしたら良いのでしょうか。

まず、最終的に自分のなりたい理学療法士作業療法士像を考え直してみましょう。

 

そして、そのために今自分が達成できていること、そしてまだ達成できていない部分を埋めるために

必要なスキルやそれを手にするためのキャリアについて考えてみましょう。

 

こうすることで、今の自分に転職が必要なのか、

そして必要であるならばどのような転職先が良いかが絞れてくるはずです。

 

そして次は、希望の転職先について詳しく調べてみましょう。

給料や、勤務時間、職場環境、通勤時間などについてです。

そして良いと思えた職場を何件か見学に行ってみましょう。

 

百聞は一見にしかずですね。

想像以上に良い職場であること、はたまた調べていた情報と

異なりあまり良い職場でないことなど、

現地に行かないとわからないことに気付けると思います。

 

例えば意外と通勤が大変なことや、

職場の雰囲気が自分にしっくりこないことなどです。

 

そして、最後にそれらの中で最も自分の理想に近い職場を決めましょう。

 

それぞれの職場に利点欠点があると思います。

勤務先の決定には非常に悩むかもしれませんが、

譲れない点、妥協できる点などを総合的に、

転職をするか否かまで考慮してこれでもかというほどに悩んで決定してください。

 

こうすれば転職の成功率はグッと上がります。

 

 

いかがでしたでしょうか。

 

転職は浅い考えで臨めば失敗してしまいますが、

上手く使えば必ず良いキャリアアップに繋がります。

転職を考えている理学療法士作業療法士のあなた、

今一度ご自身の人生について熟考し後悔のない転職をしてください。