リハストリート

理学療法士、作業療法士たちが運営するリハビリに関する総合情報サイト

転職・働き方

【訪問分野で勤務したいセラピスト必見!】理学療法士・作業療法士が訪問リハビリ(訪問看護ステーション)で働くためのチェックリスト

クリニック等による訪問リハビリまたは訪問看護ステーション勤務など訪問分野は、一般的に病院勤務と比べ年収・給料が高く、更には需要も現段階では多いため、訪問分野で活躍しているリハビリ職は数多く居ます。 理学療法士・作業療法士(リハビリ技師)が訪問…

【失敗しても挫けない!】理学療法士・作業療法士(リハビリ技師)が仕事や臨床で失敗しても立ち直るコツ(失敗体験)

理学療法士・作業療法士といったリハビリ職は、学生時代の実習に始まり、臨床や通常業務でも失敗や挫折を繰り返しやすい職業です。 理学療法士・作業療法士(リハビリ技師)が臨床・仕事で失敗しても立ち直る2つのポイント リハビリ職が失敗から立ち直るポイ…

【自費に興味がある貴方は必見】理学療法士・作業療法士(リハビリ職)が自費分野(リハビリ)で活躍する条件

理学療法士・作業療法士(リハビリ技師)が自費リハビリで活躍する条件 ①確かな治療技術がある ②言葉遣いや態度が丁寧で接遇・接客マナーが充分であること ③指名される 【まとめ】リハビリ職が自費で活躍するには 理学療法士・作業療法士は、 病院や福祉施設、…

こんなセラピストは嫌だ!!理学療法士・作業療法士(リハビリ職)である貴方は1つも当てはまっていませんか?

理学療法士・作業療法士には様々なタイプのセラピストがいます。 しかし、必要とされるリハビリ職には共通していることがあります。 こんな理学療法士・作業療法士(リハビリ技師)は要注意!! ①タメ語・タメ口が当たり前の理学療法士・作業療法士 ②向上心が…

収入を増やしたいなら動くのみ!理学療法士・作業療法士が年収(給料・収入)を上げる方法

診療報酬の削減に伴い、年々、理学療法士・作業療法士といったリハビリ職の年収・給料は低くなっています。そして将来に不安を感じているセラピストが多いのが、今のリハビリテーション業界の現状です。 リハビリ職(リハビリ技師)が給料・年収を増やす方法 ①…

【腕を試すならこんな整体院】理学療法士・作業療法士(リハビリ技師)が副業・バイトで収入を増やすためのオススメ整体院の種類

現在では、理学療法士・作業療法士も常勤であっても満足がいかない収入の職場も多く休日にアルバイトや副業をしているリハビリ職も多くなってきています。 リハビリ職がバイトする整体院にも「いくつか種類がある」 理学療法士・作業療法士(リハビリ技師)が…

【努力って実は辛くない?!】理学療法士・作業療法士(リハビリ職)が努力癖をつけるマインドセット(努力家、努力すべきこと)

理学療法士・作業療法士(リハビリ技師)は常に勉強や自己研鑽といった努力が必要です。 しかし、努力とは「苦しんで何かをすること」ではないのです。 リハビリ職でも「努力が楽しくなる成長マインドセット」とは? 理学療法士・作業療法士が知っておくべき「…

【良いストレスって知ってます?】リハビリ職が知っておくべき2つのストレスとは?(ストレス緩和、ストレス反応)

最近では、リハビリ職の間でも「瞑想」や「マインドフルネス」などストレスに対する関心が高まっています。 しかし「ストレス=悪」であるという考えが先行しがちになっているのが現状です。 理学療法士・作業療法士(リハビリ職)が知っておくべき【良いスト…

【効果は抜群!】理学療法士・作業療法士(リハビリ技師)が仕事効率化アップするための「朝と晩のルーチン化」【効率的な生活】

理学療法士・作業療法士の日常業務は膨大で残業が多い職場も少なくないのが現状です。 理学療法士・作業療法士がルーチン化するメリット 無駄なく効率的に行動(仕事・業務)することができる 同じことを繰り返すことでリハビリ職も気持ちが安定する 理学療法…

【リハビリ職でネガティブになりやすい貴方へ捧ぐ】理学療法士・作業療法士だからこそ必要な自己肯定感を高める「褒めメモ」活用法

リハビリテーションの臨床や業務で失敗した・・・ なんだかうまくいかない… と落ち込む場面は理学療法士・作業療法士であれば良くあります。 リハビリ職の「自己肯定感低下はパフォーマンスの低下」を引き起こします。 【理学療法士・作業療法士(リハビリ技…

【リハビリ職へ提案】病院勤務よりオススメ?スポーツジムのインストラクターという選択肢

病院、クリニック、デイケア・デイサービス、訪問リハビリ(訪問看護ステーション)、福祉施設など理学療法士・作業療法士(リハビリ技師)が活躍している職場は多岐に渡ります。 そして、リハビリ職は他の職場でも活躍できる可能性が高い職種なのです。 インス…

【「セラピストの価値」だけでなく「個人の価値」必須!】これからの理学療法士・作業療法士(リハビリ技師)が収入(給料)を増やすには自分の価値を上げよう!

今までのリハビリテーション業界では、治療技術や知識を研鑽し臨床で結果を出すことが求められていました。 しかし、これからの時代それだけでは給料・年収が変わらないままリハビリ職としてのキャリアを終えてしまうことになるでしょう。 理学療法士・作業…

【女性リハビリ職必見】女性理学療法士・作業療法士(リハビリ技師)がキャリアアップを図るコツ(キャリアデザイン、キャリアプラン、キャリア形成)

女性のリハビリ職(リハビリ技師)に加え女性管理職も徐々に増えている傾向にあるのをご存知ですか? 女性理学療法士・作業療法士管理職の比率 女性リハビリ職(リハビリ技師)が管理職だと職場全体も働きやすくなる 女性リハビリ職がキャリアアップに関して不安…

【ハイパフォーマーセラピストを目指せ!】デキる理学療法士・作業療法士は「あの法則」を知っている!

給料(収入)が変わらないのに多忙な臨床業務に加え、書類作成やカンファレンス等もあり、休日に休んでいるつもりでも心身ともに疲労しているリハビリ職(リハビリ技師)が多いです。 仕事がデキる理学療法士・作業療法士との違いは何でしょうか? ハイパフォー…

理学療法士・作業療法士が「幸せになれる就職先の3条件」【選び方】

理学療法士・作業療法士(リハビリ技師)には、給料(収入)が良い職場、人間関係が良い職場、設備が良い職場など色々あります。果たしてリハビリ職にとって良い職場の条件とは何でしょうか? 1.リハビリ職として「やりがいがある最先端の仕事」 2.理学療法士…

理学療法士・作業療法士の病院勤務での年収は低い?!でも諦めるのは早いですよ!

理学療法士・作業療法士(リハビリ)が病院勤務していると気になるのはやはり年収(収入) 年々、給料の低下が叫ばれていますが本当にそうでしょうか? 理学療法士・作業療法士が病院勤務で給料(年収)を上げる方法 リハビリ職としてリハビリテーションの技術・知…

【開業権は認めない!】貴方はどうする?どうなる?理学療法士・作業療法士(リハビリ技師)の働き方

四病院団体協議会により、 【理学療法士・作業療法士は訪問リハビリ等の開業が続出すれば、病院でのリハビリが不足することを理由に開業を認めない】 ことを明らかにしました。 開業できない?!貴方はどうする?理学療法士・作業療法士(リハビリ技師)の働き…

【訪問分野≪不安な初転職≫の心得】理学療法士・作業療法士(リハビリ技師)が訪問リハビリ(訪問看護ステーション)で働く・勤務するときに知っておくべきこと

高給料(年収)が魅力的の訪問リハビリ(訪問看護ステーションからのリハビリ)では、リハビリテーションの知識・技術だけでは通用しません。 訪問分野(訪問リハビリ・訪問看護ステーション)に初転職する前に理学療法士・作業療法士が知っておくべきこと ①リハビ…

【理学療法士・作業療法士(リハビリ技師)】あなたの職場がブラックか分かる「7つのチェックリスト」

理学療法士・作業療法士の貴方もGWが終わり絶賛、五月病になっているのではないでしょうか? リハビリ職ブラック企業の特徴第7位「長時間労働」 リハビリ職ブラック企業の特徴第6位「コントロール下の不在」 リハビリ職ブラック企業の特徴第5位「役割が曖…

【まとめてみました!】貴方も必ず見つかる!?理学療法士・作業療法士(リハビリ技師)の収入・給料・年収アップ方法

理学療法士・作業療法士の収入・年収は年々減少傾向にありますが、それに伴いリハビリ職の働き方も多様化してきています。 理学療法士・作業療法士(リハビリ技師)の年収・収入・給料アップ方法【本業編】 ≪リハビリテーションセラピストとして仕事の質を高め…

理学療法士・作業療法士(リハビリ技師)の訪問リハビリ(訪問看護ステーション)転職は敷居が高い?そんなことはないですよ!(年収、求人、介護保険・医療保険制度は?)

理学療法士・作業療法士による訪問リハビリ、訪問看護ステーションからのリハビリといった訪問・地域分野は、まだまだ需要があります。 リハビリ職(リハビリ技師)が訪問リハビリ(訪問看護ステーション)で働くメリット メリット①給料・年収等の収入アップが見…

理学療法士・作業療法士(リハビリ技師)が英語力を上げるコツ(年収・給料・キャリアアップのため)part2

今回も年収・給料に差が出てくる「リハビリ職(リハビリ技師)の語学力学習」についてです。 リハビリ職(リハビリ技師)が語学を学び年収・給料を上げるコツ リハビリセラピストが英語を学ぶ方法①「リハビリ系の医療英語専門教科書を読む」 リハビリ職が英語…

女性理学療法士・作業療法士(リハビリ技師)が「結婚した後も働き続ける方法」知ってますか?

女性理学療法士・作業療法士の資格取得人数は年々増えています。 女性理学療法士・作療法士(リハビリ技師)が働き続ける方法①福利厚生が整っている病院を見つける 女性理学療法士・作業療法士が働き続ける方法②パート・非常勤として働き収入・給料を得る 女性…

理学療法士・作業療法士(リハビリ技師)の「需給分科会による需給推計(案)≪需要と供給≫」からみる今後の見通し・予測(需要は?年収・給料は?)

理学療法士・作業療法士需給分科会が2019年4月5日に開催されました。そこで厚生労働省は、理学療法士・作業療法士2040年頃には供給数が約1.5倍となると需給推計の案を提示されています。 理学療法士・作業療法士(リハビリ技師)の需給分科会の議題と方向性に…

新卒理学療法士・作業療法士の就職先第一選択肢が「病院」はもう古い?そんなことはないですよ。

一昔前では新卒理学療法士・作業療法士(リハビリ技師)の就職先の第一選択肢は「病院」が当たり前でしたが、今では訪問リハビリなどの訪問・地域分野でも新卒セラピストが増えてきています。 新卒理学療法士・作業療法士(リハビリ技師)が病院に就職するメリッ…

仕事のストレスを解消させる休日の過ごし方【リハビリ職・理学療法士・作業療法士】

リハビリ職(リハビリ技師)はストレスが溜まりやすい職業です。 リハビリ職としての質を高める(研修会・セミナー参加や勉強)活動が不安を減少させる リハビリ職(リハビリ技師)のストレスは転職だけでは軽減できない 勉強しているリハビリ職(理学療法士・作業…

1年目〜3年目(新卒・新人)理学療法士・作業療法士が陥りやすい思考と解決法(目標・勉強法)

リハビリ職種が辞めたいと思ってしまう理由①自分の実力・治療技術不足を痛感する リハビリ職種が辞めたいと思ってしまう理由②同僚や患者さんとのコミュニケーションが苦痛 リハビリ職種が辞めたいと思ってしまう理由③業務量が多すぎる リハビリ職種が辞めた…

【漫画から学べる?!】仕事で(新人・新卒でも)悩まなくなるリアルで唯一の方法〈理学療法士・作業療法士〉

リハビリテーション職である理学療法士・作業療法士の臨床では悩みが尽きません。 最強のヒーローを知っていますか? リハビリテーションセラピスト業界のワンパンマンを目指せ 「患者さんのために!」と消耗している理学療法士・作業療法士も多い⁉︎ 患者さ…

リハビリ職(理学療法士・作業療法士)が仕事の不安を解消する方法

理学療法士・作業療法士は不安を感じやすい職業です。 理学療法士・作業療法士といったリハビリ職が「不安を感じる理由」は様々 リハビリテーションの臨床で不安を解消する方法①【仕事上で解決する】 リハビリの臨床や職場での上司や同僚(友人)に相談する …

無料って知ってました?賢いセラピストは転職サイトをうまく登録しています

理学療法士・作業療法士の方で、給与面で不満がある方も多いと聞きます。 また給料はそれほど悪くはないけれど、満足はしていないという方は 圧倒的に多いのではないでしょうか? 筆者の私も、実はそうです(笑) じゃぁ転職する? ってなると、 「まぁーい…